Go To U.S.A.

New Orleans・New York・Boston
Las Vegas・San Francisco・Monterey・Carmel
<< ホッキョクグマ、3分の1に 温暖化で2050年までに | main | メキシコ湾のハリケーン「フンベルト」、テキサスに上陸 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
住民は依然、ハリケーン直撃前の半数 ニューオーリンズ
2007.09.12
Web posted at: 16:28 JST
- CNN/AP

ニューオーリンズ――米シンクタンク、ブルッキングズ研究所は12日、2005年8月29日に超大型ハリケーン「カトリーナ」の直撃を受けたニューオーリンズ市の人口は昨年7月段階で約22万3400人と被害を受ける前の約半分にとどまっているとの統計を明らかにした。

米国勢調査局との共同調査で判明した。05年8月以前の住民数は約45万5000人だった。住民総数はカトリーナ来襲前の約6割に戻ったとの別の調査結果もある。

同研究所によると、現在の人口数のうち58%がアフリカ系。カトリーナ直撃前は67%で、被害を受け、アフリカ系が白人系などより多く同市を離れたことを示している。

また、被害で他地域に移住したニューオーリンズ住民の21%は、高校卒の学歴しか保持していなかったが、被害を受けた後に同市に移転した住民の32%は大学卒だったとの事実も判明した。復興事業で教育などの面で高学歴が求められる新規雇用が進んだ結果ともみられる。
| schazzie | News | 16:28 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:28 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
● my photo stream ●


アメリカ南部―大国の内なる異郷
アメリカ南部―大国の内なる異郷 (JUGEMレビュー »)
ジェームス・M. バーダマン, James M. Vardaman, 森本 豊富
わが心のディープサウス
わが心のディープサウス (JUGEMレビュー »)
ジェームス・M・バーダマン, スティーブ・ガードナー, 森本 豊富

※ブログ内の記事の一部は、上記の本のほか、講談社刊『クロニック世界全史』、地球の歩き方『アメリカ』を参考・引用させていただいています。




●For Mobile●
キーワード:






Copyright(C) 2002-2014 SCHAZZIE All rights reserved.


このページの先頭へ