Go To U.S.A.

New Orleans・New York・Boston
Las Vegas・San Francisco・Monterey・Carmel
<< 「消防士おたく」逮捕、盗んだ制服着込み被災地にも出動 | main | 住民は依然、ハリケーン直撃前の半数 ニューオーリンズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ホッキョクグマ、3分の1に 温暖化で2050年までに
2007年09月11日14時00分
- asahi.com

北極海の氷が解けて生存が脅かされているホッキョクグマについて、2050年までに生息数が3分の1に減少する、という予測を米地質調査所(USGS)が発表した。氷の融解が従来の予想を上回るペースで進んでおり、USGSは今回の予測も「控えめな見積もりだ」としている。

北極海の氷はホッキョクグマの餌場で子育てにも欠かせない。USGSは、地球温暖化で氷が解け、今世紀半ばの夏季にはホッキョクグマの生息適地が42%減ると推定。これによる生息数への影響を算出した。

現在はノルウェー、ロシア、カナダ、米アラスカ州などの北極海沿岸に2万〜2万5000頭生息しているとされるが、今世紀末まで生き延びられるのはカナダとグリーンランドの一部地域だけだとしている。

米内務省は昨年末、ホッキョクグマを米絶滅危惧(きぐ)種法で保護対象となる「絶滅危惧種」に指定すると提案。生息数予測などをUSGSに求めていた。
| schazzie | News | 14:00 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:00 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
● my photo stream ●


アメリカ南部―大国の内なる異郷
アメリカ南部―大国の内なる異郷 (JUGEMレビュー »)
ジェームス・M. バーダマン, James M. Vardaman, 森本 豊富
わが心のディープサウス
わが心のディープサウス (JUGEMレビュー »)
ジェームス・M・バーダマン, スティーブ・ガードナー, 森本 豊富

※ブログ内の記事の一部は、上記の本のほか、講談社刊『クロニック世界全史』、地球の歩き方『アメリカ』を参考・引用させていただいています。




●For Mobile●
キーワード:






Copyright(C) 2002-2014 SCHAZZIE All rights reserved.


このページの先頭へ