Go To U.S.A.

New Orleans・New York・Boston
Las Vegas・San Francisco・Monterey・Carmel
<< 「フェリックス」勢力強めハリケーンに | main | ハリケーン「フェリックス」 犠牲者は増える見通し >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
米気象予報士、さらに6件のハリケーンを予測
2007年09月05日 08:39
- AFP BB News

【9月5日 AFP】ハリケーン「フェリックス(Felix)」が最大勢力で中米に接近するなか、米気象予報士らはさらに6つのハリケーンが年内中に発生すると予測している。そのうちの3つは「大規模な」被害をもたらす可能性があるという。

コロラド州立大学(Colorado State University)のハリケーン予報の担当者は、「残りのシーズンも活発な動きになるだろう」と述べた。

6か月におよぶ大西洋のハリケーンシーズンが6月1日に始まってから、カテゴリー最大の5の威力を持ったハリケーンがすでに2件発生しており、もっとも最近のものでハリケーン「フェリックス」が4日朝にニカラグアの北東部沿岸に上陸している。

気象予報士らの予測によると、大西洋地域では今月中にもさらに5件の暴風雨が発生する可能性が高く、そのうち4件はハリケーンに発展するおそれがあるといい、また、そのうちの2件は時速178キロ以上の勢力を持つと予測される。

また、10月から11月にかけてはさらに5件の暴風雨が発生し、2件はハリケーンに発展、そのうちの1件は勢力の強いものになるとみられている。

ハリケーンの活動レベルは周期的に変化するが、過去10年は平均以上に活発な状態が続いており、さらにこれから先15年から20年は平均以上の活動が続くことが懸念されている。

大西洋海盆では、毎年平均9.6件の暴風雨、5.9件のハリケーン、2.3件の勢力の強いハリケーンが発生している。2006年には中米で9件の暴風雨が発生し、そのうち5件がハリケーンに発展したが、被害は少なかった。一方で2005年は28件もの熱帯暴風雨があり、壊滅的なハリケーン「スタン(Stan)」や「カトリーナ(Katrina)」を含む15件のハリケーンが発生した。(c)AFP
 
| schazzie | News | 08:39 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:39 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
● my photo stream ●


アメリカ南部―大国の内なる異郷
アメリカ南部―大国の内なる異郷 (JUGEMレビュー »)
ジェームス・M. バーダマン, James M. Vardaman, 森本 豊富
わが心のディープサウス
わが心のディープサウス (JUGEMレビュー »)
ジェームス・M・バーダマン, スティーブ・ガードナー, 森本 豊富

※ブログ内の記事の一部は、上記の本のほか、講談社刊『クロニック世界全史』、地球の歩き方『アメリカ』を参考・引用させていただいています。




●For Mobile●
キーワード:






Copyright(C) 2002-2014 SCHAZZIE All rights reserved.


このページの先頭へ