Go To U.S.A.

New Orleans・New York・Boston
Las Vegas・San Francisco・Monterey・Carmel
<< ニューオーリンズ市内半日観光 | main | プランテーションツアー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ニューオーリンズ終日自由行動
<第三日目>

11:30 起床
13:00 昼食(ピザ&ダイキリ・バー)

ジャズ・バー→ラフィットの鍛冶屋→フレンチ・マーケット&ファーマーズ・マーケット→ムーン・ウォーク→カフェ・デュ・モンド→郵便局

17:30 ホテルに戻る
20:30 夕食(Felix's Seafood)


本来なら、今日スワンプに行く予定だったのだが、ツアーが満員だというので、日程を変えたため、終日自由行動となった。

昨日、まゆみさんに「ストリート・カーで、ゆっくりガーデン・ディストリクトを回るといいですよ」と言われていたのだが、起きたらもうお昼だったので、その気力なし。部屋でタバコが吸えないので、まずはプールサイドに下りていって、一服することから1日が始まる。ホテルの朝食ブッフェは終わってしまっていたので、とりあえずお昼ごはんを、と外に出る。天気良し。今日も暑い。

2日続けてケイジャンだったから、今日はピザにしようと近くのピザ&ダイキリ・バーに行く。ピザ&ダイキリ・バーというのは固有名詞ではない。そこら中にある、ピザとフローズン・カクテルを売っているファースト・フードの店。お腹が空いていたので、どこでもいいやと、ホテルから数軒先のこぎれいな店(ニューオーリンズでは店は皆古めかしく、新しいこぎれいな店というのは珍しい)に入ったのだが、ここのピザはものすごくおいしかった!

ペロリと平らげてしまい、もう一切れ(アメリカの一切れは大きい。食事として一切れずつ売っているのだから、それなりの大きさ)食べられそうなくらいだったのだが、ちょっと我慢。ほかにフローズン・ハリケーンを頼んだら、日本のラージサイズの紙コップよりも大きいコップで出てきてしまったので、それを飲まなくてはならなかったからだ。

ガーデン・ディストリクトの散策は諦めたが、フレンチ・クオーター内でもまだ見たいところがたくさんあるので、行く場所には事欠かない。上に書いた以外にも、あちこち回った。しかし、またしてもにわかに雲が出て、大粒の雨が降り出した。傘をさしてもずぶ濡れになりそうなので、近くにあったジャズ・バーに非難。ここも古めかしい店。バーボンの水割りを飲みながら、雨が上がるのを待つ。ハリケーンといい、バーボンといい、ニューオーリンズでは昼も夜もなくお酒だ。自然にお酒を頼んでしまうといった雰囲気だから仕方がない。

大雨の中でも、観光用の馬車は休まずカポカポ通っていく。あれを引いているのは馬ではなく、ラバなのだそうだ。ラバって、結構大きいんだと思った次第。彼らの悲しげな目を見ると、なんとなく気の毒になって、私はどうしても乗れなかったのだが、馬車で行くフレンチ・クオーターも、雰囲気があっていいんだろうな。あとで、騎馬警官を見たが(カッコイイ!)、本物の馬はもっと大きく体が引き締まり、精悍な感じだった。顔もハンサムだし、足も長い。

雨も上がり、そのままバーボン・ストリートを歩いていくと、有名なラフィットの鍛冶屋があった。ここも今はバーになっているのだが、今しがたハリケーンとバーボンを飲んでしまったので、中に入るのは断念した。

そこからぶらぶらとミシシッピ川のほうに行き、昨日行ったファーマーズ・マーケットとフレンチ・マーケットで買い物をする。ここで元祖パット・オブライエンズの「ハリケーンカクテル・ミックス」を購入。これをラムに混ぜるだけで、即席「ハリケーン」の出来上がりだそうだ。日本に帰ったら、どん底で作ってもらおう。

マーケット近くのキャンディ・ストアに入ってみたところ、甘そうなものがいっぱい。プラリネが南部の名物というのは知っていたが、もともと甘いものが好きではない上、暑さで買う気も起こらず、たまたま目に入ったハリー・ポッターの百味ビーンズ(新フレーバー、ミミズ味入り)を買う。

それから川沿いのムーン・ウォークへ。目の前には大きな客船、後ろには延々と続く貨物列車を見ながら散歩。暑いです。暑いです。マジで焼けちゃいました。それでも、対岸には緑があるので、いくらかミシシッピの雰囲気を味わえた。

そろそろお昼に食べたピザも消化した頃なので、一路カフェ・デュ・モンドへ。もうこれはニューオーリンズに行ったらお約束でしょってくらいに有名なカフェだが、飲み物は何種類かあるものの、食べるものはあの「ベニエ」しかない。四角いドーナツである。しかも粉砂糖がたっぷりかかっている。それとチコリ・コーヒーのカフェオレを注文したのだが、甘そうだなあ・・・と思ったものの、揚げたてなので、モチモチとしておいしい。カフェオレもおいしい。おいしいけど甘いので1個しか食べられない。残念!

カフェ・デュ・モンドを出たところで、黒人のミュージシャンがサックスを吹いていた。写真を撮ってもいいかと尋ねると、快くOKしてくれたが、日本から来たと言うと、いきなり「スキヤキ・ソング」を演奏し始めたので、思わず苦笑。これもサザン・ホスピタリティなんだろうとは思ったが、ニューオーリンズで「上を向いて歩こう」を聞くとは!

その後、郵便局でポストカードを出したりしながら、またぶらぶら歩いてホテルまで戻る。プールサイドで一服。とにかくプールサイドへ直行というのは、何も言わなくても、今や暗黙の了解。ほっと一息。ニューオーリンズの日の出もきれいだが、夕方の倦怠感みたいなものもいい感じではある。庭に植えてある植物に撒かれている水に涼しさを感じる。

ちなみに観光客の多いフレンチ・クオーターでは、場所によって夜は車は通行禁止となる。明け方になり、人っ子一人いなくなると、ゴミの収集車と道路清掃の車のみ通行可能になり、音楽の騒音がやんだと思うと、そういった車の働く音が響いてくる。

さて今日の夕食は、アクメ・オイスター・バーの斜め前にあるフェリックスズ・シーフードにて。ここもアクメと同じようなメニュー。まずは生カキを半ダース。カキの上にほうれん草とホワイトソースをのせて焼いたオイスター・ロックフェラーを1ダース。それからカメのスープにケイジャン・サンプラー・セット(クロウフィッシュ・エトゥフェ、ジャンバラヤ、レッドビーンズ&ライス)、そしてDIXIEビール。

アポロ13号は、アクメよりこちらのカキのほうがおいしいと言う。というのも、カクテルソースを自分好みに自由に作れるからだろう。カキそのものは、それほど差があるわけではないと思う。でも、クロウフィッシュ・エトゥフェは、ガンボ・ショップのほうがおいしい。ガンボ・ショップに行列ができるのも、なるほど納得だなという感じ。

いかにも人のよさそうな黒人のおじさんのウェイターがいい味出していたのだが、私たちのテーブルは、他の人の担当になってしまった。それでもアクメのウェイトレスよりは数倍良かったが。何と言っても、ここはタバコが吸えるのが良かった。リラックスして食事することができた。

そこからの帰り、バーボン・ストリート沿いのストリップ劇場のバルコニーから、マルディグラ・ビーズを投げている光景にぶつかる。そして、運良く私もビーズをもらうことができた。ビーズそのものは土産店でみているのだが、実際に投げてもらうと、これがマルディグラ・ビーズか!と感激する。


※15025歩
| schazzie | [旅]New Orleans | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:53 | - | - |









http://scw.jugem.jp/trackback/3
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
● my photo stream ●


アメリカ南部―大国の内なる異郷
アメリカ南部―大国の内なる異郷 (JUGEMレビュー »)
ジェームス・M. バーダマン, James M. Vardaman, 森本 豊富
わが心のディープサウス
わが心のディープサウス (JUGEMレビュー »)
ジェームス・M・バーダマン, スティーブ・ガードナー, 森本 豊富

※ブログ内の記事の一部は、上記の本のほか、講談社刊『クロニック世界全史』、地球の歩き方『アメリカ』を参考・引用させていただいています。




●For Mobile●
キーワード:






Copyright(C) 2002-2014 SCHAZZIE All rights reserved.


このページの先頭へ