Go To U.S.A.

New Orleans・New York・Boston
Las Vegas・San Francisco・Monterey・Carmel
<< ラスベガス&サンフランシスコ7日間の旅 | main | グランドキャニオン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ラスベガス
<第二日目>

現地時間で朝の9時頃、ロサンゼルスに到着。
東京(家)からロスまで3777歩(近いな!)。<ダイエッターなので、ちゃんと万歩計をつけている!(^^;

国内線乗り換えのために、外に出る。ロスの空港には以前にも来ているのに、外に出たのは初めて。さ、寒い〜っ!!ロスでこれだったら、サンフランシスコはどうなのー!!とかなり不安になる。

空港内に、ちょっと大きめの本屋があった。本はサンフランシスコで買うつもりだから、ここは眺めただけ。でも、『指輪物語』のしおり発見!大喜びで早速購入。なぜなら!本物(=ちゃんと身につけられるという意味)の指輪がついているのだー!しかも、たったの$2.99。約$3で「指輪物語の指輪」が買えちゃったというわけ!!日本で買った13000円の指輪と比べても、たいした違いはないじゃない!(ちなみにお守り代わりに肌身離さず持っていったのが、この13000円の指輪!)しかも、登場人物の写真つきですもの、お買い得!残念ながら、憧れのアラゴルンさまのはなかった。ガンダルフのもなかったので、そのあたりは人気なんだろうな。ついでに、スターウォーズのもあったので、スターウォーズファンの友だちのために、そちらも購入。

●買ったしおり

(指輪物語)
アルウェン姫
フロド
ボロミア
黒の乗り手

(スターウォーズ)
ルーク・スカイウォーカー
ダースベーダー

国内線(アメリカン・ウエスト航空)に乗って、ラスベガスへ。
さて、昨年のテロ以降、空港のチェックが厳しくなったのは言わずもがなだが、国際線より国内線のほうがはるかに厳しい。アポロ13号がこのチェックで必ずひっかかるため(なんで?)、連れの私も同様にチェックを受ける羽目に陥る。

ここでわたしの仁丹のケースが引っかかった。旅行中、紙の箱ではつぶれるといけないので、金属製に変えていたのだが、これはなんだ?と厳しく追及された。仁丹をなんて説明したらいいのやら?

さんざん考えた結果、「ミントだ」と言ったのだが、銀色のあんな小粒のミントなど、アメリカ人は見たことがないのだろう。「食べてみろ!」と言われた。もちろんこれは食べても差し支えないから、2、3粒口に入れて見せた。これで無罪放免になったのだが、液体にもうるさいらしいので、秘蔵のおしょうゆがひっかからなくて良かった。これを飲めと言われても、そりゃ困っちゃうでしょう!それで死んじゃったりしたら、やっぱり毒だったのかと思われて、私はビン・ラディンと一緒に、立派にテロリストの一員として名を連ねていたかもしれない。

東京(家)からラスベガスまで8618歩。

ラスベガス上空で飛行機が激しく揺れたので、気持ちが悪くなった。よっぽど、ノースウェストのトイレからかっぱらってきたエチケット袋(air sickness bag)を出して、国際線の機内食のメニューを披露しようかと思ったが、なんとか我慢した。

ラスベガスの空港には、そこからすでにスロットマシンが並んでいるから、妙に血が騒いだが、観光もしないうちに、日本に強制送還になるのもなんなので、とりあえずホテルへ。小ぢんまりしたかわいいホテルだ。市内には見かけの派手な有名ホテルがたくさんあるが、例えばルクソールなんか、なんでラスベガスに来てエジプト気分にならなきゃいけないの?と思う。パリスだとか、ニューヨーク・ニューヨークもしかり。インペリアルホテルに至っては、ここまで来て和風?てな感じ。もっとも、アメリカ人観光客には、そういうのが楽しいのかもしれない。私たちが泊まったのは、いかにもアメリカ!という感じで、私的には気にいった。ただし、メインストリートからちょっと遠いのが難点。

明日はグランドキャニオンに行く予定だが、今日はまだ時間も早いし、せっかくなので「夜の」市内観光ツアーを申し込む。

その前に腹ごしらえ、というわけで、ホテルのレストランに行く。アメリカで初めての食事だ。チキンウィングとナチョスを頼んだが(ここはメキシコ料理なのか!)、チキンウィングのホットチリソースがとんでもなく辛い!韓国以外でこれだけ辛い料理を食べたのは初めてだ。辛いもの大好きな私は、味はともかく、辛いということに大喜びだったが、アポロ13号はほとんど手をつけず。ナチョスも量が多くて食べきれなかった。でも、ここのホテルのカプチーノはおいしい!レストランで出すものではなく、自動販売機で買うやつだ。

<市内ツアー>
各ホテル巡り
メインストリート
Hard Rock Hotel Casino
ストラスフィアタワー展望台
ショッピング・アーケードの屋根見物(屋根に映像が映る)
ABCストア(ハワイのABCストアがラスベガスにもあった!)
ベラージオの噴水ショー

圧巻は、ストラスフィアタワーの展望台から見た夜景。これはまじで「百万ドルの夜景」だと思った。今まで見た夜景の中で、一番綺麗だったかも。

ここで、アポロ13号はアトラクションを体験。後楽園遊園地にある、ビューンとまっすぐ上に上がって、ヒューンと下リて来るやつだ。しかも、300メートルもあるタワーのてっぺんに設置してある。私はこういったお腹がこそばゆくなるような乗り物が苦手なので、絶対に嫌だ!と遠慮したが、彼はどうしても!と言って、ひとりで乗った。乗り心地は想像を絶していて、まるで宇宙に裸で放り出されるような感覚だったとか。。。その後アポロ13号は重度の高所恐怖症になってしまい、グランドキャニオンでも、ゴールデンゲートブリッジでも、下を覗けないという状況に陥った。

ラスベガスのどこがいいかって、どこででもタバコが吸えるということ。他の都市では、こういうわけにはいかないだろう。明日は早いので、血が騒いではいたが、今日のところは博打はせずに寝る。それでももう夜中。睡眠時間は3時間もない。
| schazzie | [旅]Las Vegas | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:23 | - | - |









http://scw.jugem.jp/trackback/12
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
● my photo stream ●


アメリカ南部―大国の内なる異郷
アメリカ南部―大国の内なる異郷 (JUGEMレビュー »)
ジェームス・M. バーダマン, James M. Vardaman, 森本 豊富
わが心のディープサウス
わが心のディープサウス (JUGEMレビュー »)
ジェームス・M・バーダマン, スティーブ・ガードナー, 森本 豊富

※ブログ内の記事の一部は、上記の本のほか、講談社刊『クロニック世界全史』、地球の歩き方『アメリカ』を参考・引用させていただいています。




●For Mobile●
キーワード:






Copyright(C) 2002-2014 SCHAZZIE All rights reserved.


このページの先頭へ