Go To U.S.A.

New Orleans・New York・Boston
Las Vegas・San Francisco・Monterey・Carmel
<< サンフランシスコで購入した本 | main | ニューオーリンズ市内半日観光 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ニューオーリンズへ向けて
<第一日目>

東京発→ヒューストン→ニューオーリンズ

11:42 成田エクスプレス
12:52 成田着
14:00 チェックイン
15:35 成田発
 ‖
11時間(機内食3回)
 ‖
13:35(現地時間) ヒューストン着
15:35 ヒューストン発
16:50 ニューオーリンズ着


出発前に頼んでおいたサングラスを受け取りに行き、そのまま新宿駅へ。最初からバタバタ。今回旅行を決める前に、ヒューストンにはぜひ行きたい!と思っていたので、乗り継ぎがヒューストンで、とても嬉しい。

ところで、今度から指紋と顔写真を撮るから早めに行ってくださいと言われていたが、それをしたのはアメリカに入国するとき。つまりヒューストンでやったわけで、成田に早めに行っても意味がなかったことになる。

この旅行で何が楽しみって、ヒューストンに行くことを楽しみにしていたので、外には出られないものの、空港内でNASAグッズを買い漁った。ちなみにここはテキサス。カウボーイは?と周囲を見回したが、それらしき人物は一人もいなかった。テキサスにはカウボーイがあふれていると思ったのは幻想か?ともあれ、空港には全然いなかったので残念。今年の10月には、ヒューストンでコーマック・マッカーシー協会の集まりがあるのだが、まさかそれに出席できるとも思えないので、テキサスのカウボーイに会う機会は、当分の間ないだろう。

さて飛行機を国内線に乗り換え、1時間ほどでニューオーリンズに到着。ヤマグチ・トラベルのまゆみさんとビクターさんに出迎えられる。ハワイなんかだと団体で待っていたりするのだが、ここではどうやら私たちだけだ。この後、各種オプショナルツアーも、プランテーションツアーを除いて、ずっと私たちだけだった。専用の車&通訳&ガイドつきといった感じで、非常に良かった。二人ともとても親切で、見知らぬ土地での不安もなく、有難かった。ヤマグチ・トラベルお薦めです。

【余談】:ヒューストンからの飛行機で隣の席に座った、ブロンドの逆毛を立てたドリー・パートンのような女性がペーパーバックを読んでいたのだが、何を読んでいるのかな?と探ってみたところ、ジュード・デヴローだった。なるほど、似合ってる。てことは、私が読んでるノーラ・ロバーツの 『Midnight Bayou』 も「似合ってる」と思われるんだろうか?と心配になる。ノーラとは相性が良くないのだが、これはたまたまニューオーリンズを舞台にした小説なので、持ってきただけなんだけど。

機内から見下ろしたニューオーリンズの風景は、まさに湿地帯の中にあるといった感じ。空港に降り立つと、湿った熱気がからみつく。やっぱり暑い。でも数日前まではそうでもなかったらしい。急に暑くなったとのこと。

ホテルはフレンチクォーター内バーボンストリートのラマダプラザ・イン・オン・バーボン(以降ラマダホテルとする)だったが、禁煙の部屋しか取れず、意気消沈。20時間くらいタバコを我慢していたので、これにはいたく失望した。吸えるのは、プールのある中庭と街中だけらしい。まゆみさんが、「5泊もするのだから」とがんばってくれたのだが、フロントのベトナム人のような女性が無表情に頑として受け付けず、どうにもならなかった。日本人だからって、差別してるのか?といきなり被害妄想に襲われる。

さらに、部屋はニューオーリンズで最も賑やかなバーボン・ストリートに面しており、噂どおりの騒音(のちに、ここでさえも天国と思えるようになるのだが)。ともあれ、ジュリー・スミスの本に「ニューオーリンズの水を飲んではいけない」と書いてあったので、ミネラル・ウォーターなどの雑貨を買いに出かける。

買い物をしがてら、街を散歩。通りは、ビールと葉巻と生ごみが混じったような匂い。立ち並ぶ土産店には、マルディグラ・ビーズや仮面、Tシャツ、ホットソースなどが溢れている。フレンチ・クォーターは狭いので、プリザベーション・ホールやパット・オブライエンズなどの有名店がすぐに見つかった。

街中に音楽が溢れ、すでにみんなお酒を飲んでいる。暑いし、匂いもけしていい匂いではないのに、なぜか皆楽しそうだ(これもあとで、なぜ楽しそうなのかが理解できるようになる)。ヨーロッパ的な古めかしい建物とは対照的に、なぜかロックが大音量で演奏されていたりして、ラグタイムやデキシーのような曲が流れているのかと思っていたので、ちょっとびっくり。

建物は、美しいと同時に不気味さも兼ね備えており、ちょっと暗がりに行くと、たしかに幽霊や吸血鬼が出てきそうな雰囲気ではある。プリザベーション・ホールの前に「ゴーストツアー」の集合場所があったので、よほど申し込もうかと思ったが、ツアーに参加しなくても、十分雰囲気は味わえるといった感じ。

夕食は、行く前から決めていたガンボ・ショップ。シーフード・オクラガンボとクロウフィッシュ・エトゥフェを食べる。クロウフィッシュとはザリガニのことで、これは非常に「まいう〜!」だった。ガンボはいろいろな具が入ったトマト味のスープに、オクラでとろみをつけたものだが、予想していたより意外性はなかった。でも、この手のケイジャン料理店には必ずホットソースが置いてあるので、個人的には非常に好み。思ったほど量も多くはなかったが、フランスパンが丸ごと1本ついてくるので、十分にお腹は膨れる。

すでに24時間以上寝ていないので(飛行機では寝れない人)、夜の探索に出かける気力もなく、ホテルのプールサイドで一服して早々に寝る。ああ、ベッドだぁ〜!表の通りはうるさいし、タバコは吸えないしという状況であるにも関わらず、ベッドはふかふかで、枕もちょうどいい感じだったので、すぐに熟睡・・・・・とうとう南部に来たんだと思いながら。

※16320歩
| schazzie | [旅]New Orleans | 15:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:46 | - | - |









http://scw.jugem.jp/trackback/1
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
● my photo stream ●


アメリカ南部―大国の内なる異郷
アメリカ南部―大国の内なる異郷 (JUGEMレビュー »)
ジェームス・M. バーダマン, James M. Vardaman, 森本 豊富
わが心のディープサウス
わが心のディープサウス (JUGEMレビュー »)
ジェームス・M・バーダマン, スティーブ・ガードナー, 森本 豊富

※ブログ内の記事の一部は、上記の本のほか、講談社刊『クロニック世界全史』、地球の歩き方『アメリカ』を参考・引用させていただいています。




●For Mobile●
キーワード:






Copyright(C) 2002-2014 SCHAZZIE All rights reserved.


このページの先頭へ