Go To U.S.A.

New Orleans・New York・Boston
Las Vegas・San Francisco・Monterey・Carmel
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
自由の女神
217

フェリー乗り場から見た自由の女神。ちっちゃい!
しかし、フェリーに乗ってリバティ島に渡る気力わかず。
| schazzie | [写]New York | 02:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
ソーホー
216 215
| schazzie | [写]New York | 02:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブロードウェイ
214
| schazzie | [写]New York | 02:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
ニューヨークの紀伊国屋
213

紀伊国屋のショーウィンドウに、バーダマン先生と村田先生の共著 『アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書』 が飾ってあったので、つい嬉しくなって写真に撮ったのだが、非常に見にくいので、「あ、あるな」とだけ思っていただければ・・・。(^^;
| schazzie | [写]New York | 02:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
ニューヨーク州立大学
212

バーナード・マラマッドが通った大学だ!・・・と思っていたら、彼が出たのは「ニューヨーク市立大学」であった。
| schazzie | [写]New York | 02:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
ニューヨークの吉野家
210

ニューヨークの吉野家にて。
右はおなじみの牛丼。肉がパサパサで、味も薄い。英語で「つゆだく」を何と言うのかわからなかったため、我慢して食べる。左は新製品シュリンプ・ボウル。

211

シュリンプ・ボウルは、冷凍食品を解凍して載せただけという感じ。中華丼みたいな味なのかと思ったら、全く味なし。しょうゆをかけてもダメ。大量の紅しょうが(これはアメリカでも無料)をおかずに、無理に詰め込む。牛丼もシュリンプ・ボウルもまずかった!
| schazzie | [写]New York | 01:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
Amtrak車内
186
| schazzie | [写]New York | 01:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
Amtrak
185

20世紀前半の鉄道黄金時代、大陸横断鉄道は世界でもっともデラックスな陸上交通機関であった。いまもその伝統を受け継いだ列車がアメリカを走っている。座席はゆったり、展望車あり、食堂車あり、映画上映あり、十分な広さの個室寝台など鉄道の旅は、現在アメリカでもっとも優雅な旅のスタイルだといえる。

1971年、政府と各鉄道会社の共同出資による半官半民の国有鉄道会社が設立された。これがアムトラック Amtrak だ。アムトラックが車両と乗務員を保有し、各私鉄の線路にその車両を走らせ、旅客部門を一手に引き受けている。したがって、アメリカ鉄道の旅といえばイコール、アムトラックの旅ということになる。

Amtrak
半官半民企業であるアメリカ鉄道旅客輸送公社 National Rail Passenger Corporation(NRPC)のトレードネーム。アムトラックの営業距離は約30万km、日本の約15倍。

─(『アメリカ〈2002~2003年版〉』/「地球の歩き方」編集室より)
| schazzie | [写]New York | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
エンパイアステート・ビルからの眺め(3)
183
| schazzie | [写]New York | 03:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
エンパイアステート・ビルからの眺め(2)
182
| schazzie | [写]New York | 03:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
● my photo stream ●


アメリカ南部―大国の内なる異郷
アメリカ南部―大国の内なる異郷 (JUGEMレビュー »)
ジェームス・M. バーダマン, James M. Vardaman, 森本 豊富
わが心のディープサウス
わが心のディープサウス (JUGEMレビュー »)
ジェームス・M・バーダマン, スティーブ・ガードナー, 森本 豊富

※ブログ内の記事の一部は、上記の本のほか、講談社刊『クロニック世界全史』、地球の歩き方『アメリカ』を参考・引用させていただいています。




●For Mobile●
キーワード:






Copyright(C) 2002-2014 SCHAZZIE All rights reserved.


このページの先頭へ